ドラッグストア 薬剤師求人

ドラッグストアの薬剤師求人について

薬剤師の求人で多くを占めるのがドラッグストアの求人です。

 

法改正により登録販売者資格での第二類・第三類医薬品の取り扱いができるようになったとはいえ、
ネームプレートに「登録販売者」とあるか「薬剤師」とあるかでは信頼感が全く違います。

 

というわけで、大手・中堅ドラッグストアでも薬剤師の募集には力を入れているのです。

 

 

では、ドラッグストア薬剤師さんはどのような仕事をするのでしょうか。

 

やはり、メインとなるのはお客様が市販薬(OTC医薬品とも呼ばれます)を買う際の相談に乗るという業務でしょう。
お客様は薬について知識が乏しいので、
同じような薬が名称を変えて販売されている場合にどれを選ぶことが適切か判断に迷うことがあります。

 

そのため、ドラッグストア薬剤師が相談にのることでより満足のある購買をしていただくことができるのです。

 

 

ただ、ドラッグストアでの仕事はこれだけではない場合があります。

 

特に薬剤師さんを店長(店長候補)として募集しているドラッグストアの場合は薬剤師として以外の仕事が多く含まれます。
というのもこのような場合、店舗のマネージメント面にも気を配り仕事をしていくことになるのです。

 

このような経営業務にも興味がある方にお勧めな働き方が店長又は店長候補としてのドラッグストア薬剤師勤務なのです。

 

最後に給与面ですが、病院調剤薬局より高めに設定されている場合が多いように思えます。
先ほど述べた店長業務をこなす場合などは役職手当がつくドラッグストアも多いです。

 

ただ、他業種と同じになりますが人材が不足している地方では上昇し、

 

人材が多い都市部では平均程度でとどまるという傾向も押さえておく必要がありますね。

 

ドラッグストアの薬剤師求人登録はコチラ