薬剤師 OTC販売 求人

薬剤師OTC販売求人について

おすすめの薬剤師求人登録はコチラ

 

薬剤師求人 情報を探す3つのポイント

 

薬剤師専門の転職サイトに登録する

 

無料会員限定の『非公開求人』が多い薬剤師求人サイトに3〜4社登録する

 

利用者満足度の高い薬剤師求人に登録する

薬剤師でOTC販売に携わる方もいらっしゃいますね。薬剤師の方ですとご存じでしょうが、OTCとは大衆薬のことを言います。これは2006年の薬事法改正によって2009年より、薬剤師以外の登録販売者のような資格を有している人でも薬剤の販売を許可されるようになったものです。

 

しかし、薬の効き目の強いものや副作用を伴うものに関しては、やはり薬剤師のほうで取り扱いを行なう規定がなされています。処方箋を持ってきた患者さんに対しての処方を行うものではないので、ドラッグストアなどで薬をお求めになるお客さんのヒアリングも必要になります。

 

体質や、通常飲んでいる処方薬との飲み合わせ、それに対しての薬の効き目や副作用の可能性を考えて、OTC薬剤を提供することになります。場合によっては、お客さんが目当てにしてきた薬ではないものを勧めることもありますので、それを説得するだけの能力も必要なのです。

 

第1種の薬剤のように、薬剤師の説明などを受けなくては販売できないOTC薬剤も多くあります。それに関しては、調剤薬局で処方するものと同様の薬効を持っています。正しい知識を持って提供出来ない場合には、体調不良を起こしてしまうお客さんもいますので、十分な注意も必要になりますし、それに関しては、薬剤の管理も薬剤師の仕事と鳴っています。

 

ちなみに、登録販売者にて提供出来るのは第2種の薬までとなっており、これに関しても一定の説明をお客さんに行なうことが義務づけられています。最近では、有資格者も増えてはいますが、薬剤師にしか取り扱えないOTC薬剤は、未だに数多くありますので、薬剤師の常駐が必要とされるのです。

 

調剤も行なっている調剤薬局もありますし、そうではなくOTC薬剤の担当者として、お店に常駐する役割も持っています。薬剤師で尚且つ正社員という場合には、ドラッグストアでも店長クラスになりますので、他の雑務もかなりのボリュームに鳴ってくるのではないでしょうか。

薬剤師求人比較ランキング!

薬剤師求人は、薬剤師プロ、エムスリー、メドフィット、マイナビがおすすめ。希望の転職条件ですぐに見つけることができます。

  サイト名 会社名 特徴
バナー原稿120×120(120112)imp メディプロ 薬剤師プロ

薬剤師プロはあの総合メディプロが運営している日本最大規模の求人案件数。もと医療関係者や元人事担当者のプロの担当者が転職をサポート!
登録無料!2分で登録完了!

エムスリー エムスリーキャリア

転職のプロフェッショナルが集まっている企業にて運営される。薬剤師の求人・転職・募集のエムスリーキャリア。【調剤薬局】【OTC】【販売】【病院】【企業】などの条件検索が可能!
自分の住んでいるエリアでご紹介かも確認できます。

メドフィット メドフィット

薬剤師の転職のメドフィットは、非公開求人情報が多く個人での入手は困難な求人情報も多数取り揃えています。
転職成功者には、「キャリアアップ支援金」 として、10万円をプレゼント!

マイナビ マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師では、薬剤師専任のキャリアコンサルタントがあなたにあった最新の転職情報でサポートしてくれます。
調剤未経験者歓迎の求やCRA・CRC求人、病院薬剤師求人、ドラッグストア求人など案件多数!

 

≪薬剤師のための転職支援≫1分で登録完了!