今日は先日料理を教わる約束をした日でした。仕事終わりに水戸駅に集合し二人でまずはスーパーに買い出しに行きました。「何作ってみたい?」と聞かれ、いつも挑戦するのになかなかうまく作れないパスタをリクエストしました。カルボナーラは生クリームとか牛乳で、ナポリタンはトマトケチャップで味付けすれば何とかなるのですが、オイル系のペスタがなかなかうまく作れません。「キャベツとトマトを使ったオイル系のパスタをお願いします!」とユメに言うと、具体的なリクエストになかなか難しいなぁと言いながらも、考えていくうちにイメージが膨らんだのか、「うん!いけそう!」と笑顔を浮かべ「まかせなさい!」と自信たっぷりに言うのでした。買い出しを終え、台所が広い私の家で調理することにしました。「料理はスピード勝負だよ!」と気合を入れた表情をしたユメは私にテキパキと指示をしながら、コツやポイントを教えてくれます。風俗の仕事をすると大金が短時間で手に入るし、ストレスから大抵の女の子が太ってしまいます。だからこそ自炊に心がけてなるべくヘルシーで栄養のバランスが取れた食生活を取りたいと最近思っているので、ユメのような料理に詳しい子が近くにいるのはすごく心強く思います。
サラダとスープも合わせて40分くらいで完成し、「すごい!」と感嘆の声を上げると、「手順は分かっただろうし、カリン一人でもきっとできるよ!」と言われました。今日教わった調理の仕方を逐一スマホにメモしていたので、今度忘れないうちに作ってみようと思いました。
テーブルに料理を並べ早速二人で食べました。味も抜群でいつもイマイチな味に変わってしまうキャベツもトマトも美味しくて感動しました。あっという間に平らげて、「もう一皿食べれちゃうかも!」とおかわりしていると、「カリンって痩せの大食いだよね…!いつもいっぱい食べるのにめっちゃ痩せてて羨ましい…!」と言われました。確かに私は周りに比べて結構食べるほうですが、体重は食べても変わらず一定の数値を保っています。「食べても食べなくても体重そんな変わんないんだよねぇ。」というと「羨ましい〜〜!」とユメは叫んでいました。

 

食後のデザートを食べていると「そいえばさ、水戸の風俗店の中でうちの店が一番大型店だからあまり悩まず今の店を選んだんだけど、他にどんな店があるんだろう…」とふとユメが言いました。「確かに気になるね、調べてみよっか!」とノートパソコンを立ち上げ「水戸の風俗」で検索してみました。コスプレ系や熟女系、SM系、学園系…あらゆるジャンルが並び、オプションに私たち風俗嬢が見てもよく分からないプレイも書いてありました。「こんなにたくさんある店の中で、一番大型店の人気嬢って、カリンやっぱすごいなぁ。」とユメが言うので「いやいや!そんなことないよ!このサイトのことか、顔出してるけどめっちゃかわいいし!」と私が言うと「けど加工してるのかも?!可愛くてもプレイが適当かも!可愛くてプレイも丁寧なカリンはきっとお客さんにとって超貴重なんじゃないかな!」と言われました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です