眠り姫

なおもユメは起きる様子がなく私のいたずらはエスカレートします。柔らかくすべすべの胸を堪能した後は、そのてっぺん優しく撫で始めました。だんだんと硬くなるそこを徐々に強く刺激していきました。さすがのユメも「ん…っ!」と甘い声 […]